最新の医療器具


 

シラスHD-OCT (光干渉断層計)

目の後ろにある網膜と呼ばれる部分の構造をミクロ単位で計測することができます。加齢黄斑変性症や糖尿病網膜症による網膜浮腫、緑内障による視神経線維の減少などが明らかとなり、とても有用な検査です。

院内紹介-OCT1 院内紹介-OCT2

Fundus Camera (眼底カメラ)

高性能のデジタルカメラで、網膜の疾患や、緑内障の疑いのある方の視神経の眼底写真を撮ることができます。また、加齢黄斑変性症や糖尿病網膜症などによる網膜浮腫などが疑われる場合に、蛍光眼底造影撮影(FA)が行えます。

院内紹介-fundus-camera-1 院内紹介-fundus-camera-2

Humphery Visual Field (ハンフリー自動視野計)

緑内障の診断と経過観察や視神経の病気などを発見するのに有効な検査です。

院内紹介-vIsual-field-1 院内紹介-visual-field-2


Autorefractor (自動屈折、角膜曲率計)

数秒で近視、遠視、乱視などの計測をするとともに、目の表面の角膜という部分のカーブを測ることができます。この結果をもとに、眼鏡の屈折検査などを行います。

院内紹介-autorefractor


Tear Lab (涙液膜浸透圧モル濃度計)

ドライアイの方の涙のサンプルのモル濃度を測ることにより、客観的にドライアイの度合いを計測することができます。ドライアイの診断、経過観察に役立つ検査です。

院内紹介-tear-lab-1 院内紹介-tear-lab-2


IOL master (IOL マスター)

白内障の手術にあたり、術前検査に使われます。眼内レンズの度数を決めるため、角膜の角度や目の長さを測ることができます。

院内紹介IOLmaster


水浸式超音波A-scan, 角膜厚測定器

超音波A-scanは白内障手術の術前検査に使われ、特に白内障が進行して、IOLマスターでの計測が困難な場合などに、使われます。角膜厚測定は、角膜浮腫や緑内障の診断などに役立ちます。

院内紹介pachymetry1 院内紹介pachymetry2


Argon Laser (レーザー光凝固装置)

網膜裂孔、糖尿病網膜症などの治療に使われるレーザー装置です。

院内紹介laser