質問コーナー


1. 眼鏡は処方していますか?

眼鏡の処方箋はお出しできます。処方箋がないとアメリカの眼鏡屋さんは眼鏡をつくることができませんので、処方箋をお持ちになり、どの眼鏡屋さんでもつくってもらうことができます。また、処方箋の表記は日本もアメリカも同じですので、同じ処方箋を使って日本で眼鏡をつくることも可能です。当院に眼鏡院は入っておりません。

2. コンタクトレンズは処方していますか?

今までと同じブランドのコンタクトレンズで多少の度を変えての処方はしています。ただし、ドライアイなどが原因で今のコンタクトレンズがフィットしていないと判断された場合、あるいは初めてコンタクトレンズを希望される場合は、検眼医(Optometrist)を紹介していますので、当院からの眼鏡の処方箋を持って新しいコンタクトを処方してもらってください。

3. 山本先生は手術をしますか?

提携病院にて、白内障や翼状片の手術を自ら執刀します。その他、糖尿病網膜症、網膜裂孔、緑内障、後発白内障などの治療に用いられるレーザー治療や加齢黄斑変性症、網膜静脈梗塞症などの治療に使われる薬の眼内注射はクリニックにて行っています。

4. セカンドオピニオンをもらうことはできますか?

もちろん大丈夫です。一見してわかる診断(例えば白内障など)は現在行かれている病院からの資料がなくても大丈夫です。長い病歴がある網膜疾患や緑内障などは、現在通院されている病院からの資料をお持ちいただくと、より良い診断が行えます。

5. ハワイアイクリニックに転院することはできますか?

大丈夫です。初回の診察の後、場合によっては現在通院されている病院からのカルテやテスト結果を患者さんの承諾を得てリクエストする場合があります。

6. 現在、当院の患者さんで、転院やセカンドオピニオンを希望される場合

当院では、患者さんが診断、治療方法に対してご自身が納得して治療を受けていただくことが一番大切だと考えています。転院やセカンドオピニオンをご希望の場合は、カルテや今までの検査結果をお持ちいただくこともできますので、お気軽にお申し出ください。

7. 時間外に目の急な症状がある場合

すでに当院の患者さんであれば、アンサリングサービスPhysician’s Exchange (808-524-2575) に電話していただき、山本先生を呼び出してください。

8. 年に2度以上眼科に行っても保険でカバーされますか?

診断名にもよりますが、ほとんどの場合カバーされます。例えば、ドライアイ、白内障、糖尿病、緑内障や緑内障疑いなどの診断がある場合、あるいは見えにくい、飛蚊症があるなどの目に症状がある場合は、必要であれば年間何度でも一般健康保険でカバーされます。何も症状がなく、眼鏡だけを処方する場合はお持ちのビジョンプランの保険を使うため、 年に一度だけ保険診療が可能です。

9. 予約なしでも診てもらえますか?

当院は完全予約制となっております。急な症状の場合は、同日に予約をお取りすることもできますので、あらかじめこちらのオフィスにご連絡の上、来院されるようお願いします。

10. 赤ちゃんは診ますか?

残念ですが、小さなお子様を診る器具などがそろっていないため、小児眼科をご紹介しています。当院では、小学生以上のお子様とさせていただいております。

11.保険を持っていませんが、診察や手術はできますか?

大丈夫です。診療、手術費用に関してはあらかじめお問い合わせください。

12. Ophthalmologist(眼科医)とOptometrist(検眼医)とは?

アメリカの眼科の医療体制は医学部を卒業して医師なり、目の専門医となるオフサモロジスト(眼科医、MD)と目の専門大学をでたオプトメトリスト(検眼医、OD)の二種類からなります。オフサモロジスト(MD)は大学卒業後8−10年のトレーニングの後、眼科専門医として自立します。ハワイアイクリニックは医学部を卒業している眼科専門医によるクリニックです。日本の眼科医と同等の資格を持ち、一般検眼から目の病気の治療や手術まで幅広く診療することができます。

これに対し、オプトメトリスト(OD)は卒業後3−4年で自立するため、眼鏡やコンタクトレンズの処方を主とし、簡単な治療を行うことができますが手術をすることはできません。またオプティシャンと呼ばれる眼鏡屋さんで眼鏡をつくるのを専門とする方もいらっしゃいます。みな、名前が似ているのでややこしいですね。